素晴らしき恋愛ライフへのヒント

恋愛において、「男って、こんなとき何考えてるの?」とか、「どうすれば喜んでもらえるの?」っていうのは、なかなかつかみづらいもの。このサイトでは、管理人であるキョウ(♂)が、女性の友人達から受けた恋愛相談、およびこれまでの恋愛から得た経験をもとに、男性の立場から、恋愛観を語ります。
今、恋をしているあなた、恋をしたいあなたのお役に立てば幸いです。

そんなに大きな想いなら、絶対に叶えましょう!

↓メインコンテンツ↓

はじめに
オトコの恋愛感
好きになるまで
付き合うまで
Hについて
浮気について
結婚について
片想いについて
よくある・よくあった質問

↓管理人の経験から↓

絶頂
時勢
天狗
敗北
無力
冷静
我儘
傾向
失意
覚悟
例外
懐古

↓コチラもどうぞ!↓
恋愛相談
萩原健太氏の詩集
ブログ
リンク
プロフィール
サイトマップ
こちらのサイトもどうぞ



に紹介されました!
コチラ




TOP>天狗


天狗


エリと別れた後、地元から妹が出てくることになったため、僕は引越すことになりました。

物件をいろいろ探していたある日、2つ上の先輩であるミユキから電話がありました。

「実家から色々送ってきたんだけど、うちでみんなでご飯食べない?」

僕は数人の同期と一緒に、ミユキの家に遊びに行きました。

ミユキは、ユウコの同期で、僕らが入学した頃から、僕らやんちゃなガキどもの面倒を良く見てくれてた人で、おっとりとした感じの、お姉さん的存在でした。

なんだか予感がありました。というより、そのころの自分は、「狙った人に、こっちを気にしてもらう」くらいの術は身につけていました。
久しぶりに会ったミユキは、前よりも女っぽく、綺麗になった気がしました。
今思えば、こちらが昔より経験地を積んだことで、ミユキを”お姉さん”から”女”として見れるようになっただけだったのですが。

引越し先を探していた僕は、ミユキの家の近くに住むことに決めました。
引越しを済ませ、僕とミユキは、頻繁に遊びましたが、ミユキの中では、僕は可愛い後輩ちゃん止まりだったと思います。
ミユキには、その時、彼氏がいたからです。

最初に、ミユキに気持ちを打ち明けた時には、彼氏がいるということで、申し訳なさそうに断られました。
でも何故か、その時の自分には確信がありました。あきらめずに気持ちを伝えれば叶うという自信がありました。
3度目の告白で、ミユキは彼氏と別れ、僕と付き合うと言ってくれました。

付き合っている日々の中で、ミユキが優しい人だったということ以上に、僕はわがままでした。
ヘンに自信をつけた、というか、怖いものが極端に少なかった時期でした。

ミユキとは、数ヶ月で終わりを迎えました。
結局優しいミユキは、僕に愛想は尽かさなかった。別れた理由は、特にありませんでした。
漠然とした違和感がお互いイヤだったんだと思います。

その頃から、恋愛にのめり込めなくなった自分のことが、キライになってきました。
苦しくなるような、切なくなるような恋がもう一度出来るようになりたいと思ったことを覚えています。


時勢 ← 天狗 → 敗北


TOP絶頂時勢/天狗/敗北無力冷静我儘傾向失意覚悟例外懐古

(C)2005-2006 Kyou All Rights Reserved

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー